■ ニッポン×あそび プロジェクト

あそびの中に発見がある ニッポン×あそび プロジェクト

ここ数年取り組んでいること。

ニッポンのいいもの、昔のいいものを私たちなりに表現していくこと。

その中で、住宅メーカーさんのイベントで、ニッポンの遊びをとりいれて、手作りしたり、紙芝居を通していろいろなことを発信しようと頑張っています。


あそびニュース

新しい紙芝居ができました
住宅メーカーさんのお仕事で紙芝居を作りました。住宅メーカーさんのイメージキャラクター「ひのきちゃん」が登場するお話です。住宅展示場のイベントだけでなく、すでにいろいろなところで上演させていただいております。今回の作品は、見ている子どもたちとのやりとりも多く、わらべ歌を皆で歌ったり、言葉遊びも満載で本当に楽しい紙芝居になったんではないかなと思います。

内容はこんな感じ↓

《あらすじ》

紙芝居制作 ひのきちゃんとみかんちゃんこたつでみかんを食べているひのきちゃん。
今度は、みかんの皮でお友だちを作りはじめました。
どんなお友だちができたかな? 
そして、皆で冬の遊びを楽しんだり、
おもちをついたり、、、、

紙芝居実演動画を見る



実際に演じている様子を動画(You Tube)にアップします。
演者は、構成と文を担当している紙芝居師『となみん』。となみんが演じると、同じ紙芝居でも本当に本当に楽しくって、子どもたちは、いつもその世界に引き込まれ大喜びです。


※制作依頼・講演依頼、紙芝居のことで相談したいなどありましたら、メール、お電話でご連絡お待ちしております。

あそびニュース終わり

ライン

こんなことをしています

親子ワークショップ(住宅メーカーさんイベント)

子供たちと作ったひな人形

親子で見る紙芝居

今日は、もうすぐひな祭りなので、雛人形を作ったり、雛人形のはじまりの紙芝居を見たりして、子供たちと楽しい時間を過ごしました。

その中でみんな何を感じてくれたのかな。

いつも子供たちの発想を膨らませたくて、決まったものでなく、なるべく自由に作らせたいので、ひとりひとりの子供たちと向き合っています。

今回はちょっと難しくて子供たちと会話があまりできなかった~。でも、出来た雛人形をママに見せて、「ここは先生がやったの。難しいから。」と、キチンと報告しているのを聞いたら、まっ、先生と一緒に雛人形を作ったなぁと、3月3日もこの雛人形を見て思い出してくれたら、そして、そんなことで、季節の行事を忘れずに思ってくれたら、、、嬉しいな。
ひな人形


今年1年こんな感じで、ニッポン×遊びをテーマに企画していこうとおもっています。ちっちゃいことだけれど今のニッポンにとても必要なことだなと思っています。次は何しようかな?


ライン

こんなことをしています

親子ワークショップ(住宅メーカーさんイベント)

子供たちと作ったひな人形

親子で見る紙芝居

住宅展示場に遊びに来てくれた子供たちにプレゼントしたり、パパやママたちがお話をしている時に遊べるノベルティを作りました。

住宅メーカーさんのオリジナルキャラクターをモチーフにしたオリジナルの「かざぐるまキット」と「おりがみ」です。
ひな人形

日本で昔から遊ばれてきたシンプルなおもちゃですが、子供たちは大喜び!
ひな人形


ライン

こんなことをしています

親子ワークショップ(住宅メーカーさんイベント)

子供たちと作ったひな人形

子供たちや外国の方たちに、日本の文化を紹介出来たらと、紙芝居師のとなみんと一緒に、「日本の笑い話 貧乏神の瓦版」を再話し、オリジナルの紙芝居をつくりました。

文、構成は、となみん。絵の方も、となみんからアドバイスを頂きました。紙芝居には、皆に楽しんでもらう為のいろいろなルールがあります。そして、となみんは、語りのプロ。1枚1枚の絵で、いかに皆を話に引き込ませ、驚かせるか!、、、とても勉強になりました。

この紙芝居は、イベントやいろいろな施設など
で公演されています。


ひな人形